不動産担保ローンの審査基準

2019年6月14日

不動産担保ローンの審査の基準って、どんなものでしょうか?
対象となる不動産担保の価値はどれくらいかという審査があります。
不動産を鑑定して、いくらで売れるのか、万が一返済ができなくなってしまったとき、売却をしたらいくら回収できるのかを計算して、融資額を決めるんだそうです。
土地であれば公示地価、基準地価、路線価、固定資産税評価額などの公的な基準で見て、鑑定されます。
この中で銀行が、一番多く利用する不動産担保評価は、路線価(相続税路線価)なんだそうです。
というのは、基準になる地価は売買取引される価格水準に近いので、路線価は売買取引される基準の80パーセントに設定されているからです。
そのため銀行などは、評価額を少しでも固く読むために取引水準より安く設定されている路線価で鑑定することが多いようです。
建物が担保の場合の評価方法は、同じ建物を建てると想定してその価格から何年経過しているかを差し引いて計算するんだそうです。
静岡県静岡市の不動産担保ローンを利用しようと考えているのですが、なるほどこういう審査を経て安い金利でまとまった金額を融資してくれるんですね。